読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「格差婚」と言うなら~桑子アナと谷岡アナ~

NHK桑子真帆アナウンサーとフジテレビの谷岡慎一アナウンサーが結婚するというニュースなどで、またしても「格差婚」という言葉が使われている。

桑子・谷岡アナよりも、卓球の福原愛選手と江宏傑選手が結婚した時は酷かった。

どうして女性のほうが人気・収入・学歴などで男性より上だと、「格差婚」と、何か問題でもあるかのような言われかたをするのか。

逆に言うと、どうして女性のほうが格下でなければならないのか。

体操の内村航平選手の妻は無名の体操選手だったそうだが、そのことで「格差婚」と言う記事は見たことがない。

「格差婚」という言葉を問題にする意見もあって良いと思うが、私は聞いたことがない。

やはり、日本ではいまだに、男性が主であり女性は従であるという考えがまかり通っているのだと思う。

「格差婚」なんて言葉が平気で使われている限り、その状態は改善されていないのだ。


私は格差婚という言葉は使わない。

格差婚と言うなら、男性人気歌手と女性無名歌手のカップルにでも使えるようになってからにしろ。

「格差婚」と考えもなく言う人にはそう言いたい。