読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑内障検査

眼科に行ってきた。

40過ぎたら緑内障の検査を毎年受けなさいと誰かに言われたけれど、10年くらい前に、40代半ばで一度受けたきりで気になっていた。


視力検査の結果、近眼はそんなに進行してなくてホッ。

風を当てる眼圧検査のあと、いよいよメインの視野検査。

片眼ずつ覗きこみ、真ん中のオレンジの光を見続ける。
その周りに白っぽい発光を感じたらボタンを押す。

この光が強かったり弱かったり、大きく見えたり小さく見えたりで、

アレ今のは??
光ったの?気のせい?

と考えているうちにすぐに次の発光があったりして、
あれれ今失敗したかも

なんて思ったらまた光が見えて、

ちゃんとやらなきゃ

と思っているうちに、
真ん中のオレンジの光ではなく周囲の白い光を追いかけている自分に気づく。

きゃーこれじゃ検査にならない!

なんて考えるけどそのままどんどん白い発光は続き、
手に握ったボタンを持つ手にも力が入り、余計なところで押してしまったような気がして
ますますカーっとしてくる。

時々白い光を追ってしまった警告であるブザーが鳴ったりして、
3分経ったのか5分だか10分だか全然わからない状態になったところで
「ハイ終わりです」
と優しい声がしてやっと片眼終了。

もう片方の眼もやはり同じような感じでかなり疲れ、
待ち合い室に行って、今度は目薬をさして次の検査を待つ。

そのうち目の前が白っぽく膜が張ったように見えてくる。

確か瞳孔を開かせる目薬だと言ってたよね?
死んだ時も瞳孔って開くんだよね?
死んだ時にもし生きてたらこんなふうに見えるの???

なんてアホなこと考えていると今度は眼底検査。

これは難しくもなくすぐ終了。


〔検査結果〕
眼圧、視野、眼底全て異常なし。
よって、緑内障を疑う所見なし。

私「あのー、次の検査は1年後ですか?」
センセイ「いやそんなに頻繁にしなくてもいいですよ」
私「じゃあ3年後とか?」
センセイ「まあ心配ならそうですね」


なんだ。

10年前の病院では、1年ごとに検査受けなさいと言われたけど、
定期的に検査しなくても大丈夫なんじゃないか。

とにかく良かった。

眼が見えなくなったら、

テレビもスマホも見られなくなるし、
美味しいものも眼から味わえなくなるし、

何よりも私にとっては、キレイ汚ない生活に重大な支障が出て、
それを苦にして自殺しようにも、
今よりも更にやりにくくなるという大変な問題が起きる。

死ぬためにも眼は大切にしなきゃ。

なんである。

皆さん40過ぎたら緑内障検査受けましょうね。

「研ナオコ」

今週のお題「髪型」

ずーっと昔、
「こんな髪型にしてください」と研ナオコ氏の写真を持って美容室に行ったことがある。

ショートでさらっと風になびく感じの髪型だった。

美容師さんは、それならと言って、私の髪にパーマをかけ始めた。

えっ普通のパーマかけるの?
ストレートパーマじゃなく?
と思ったけれど、気が小さい私はそれが言えなかった。

パーマをかけ終わったら、私の髪はくりんくりんになった。

これが美容師さんのテクでさらっさらの流れるようなヘアになるんだろうか???

ンなはずはなかった。

「ほーら写真みたいになったでしょ」って、
どこが写真みたい??

どこをどう見たらこれがこの写真の髪型なの??

そう心の中では思ったけれど、
恥ずかしさで何も言えなかった。

翌日、
「何だその栗きんとんみたいな頭は!?ハハハ」
と周囲の人に笑われても、恥ずかしいから平気なふりをしていた。

もうパーマなんかかけるもんか。

パーマが取れるまで1か月くらい、自分の気の小ささを悔やんで暗い毎日を送った。


今思い出しても赤面するダメな私の昔話。

「格差婚」と言うなら~桑子アナと谷岡アナ~

NHK桑子真帆アナウンサーとフジテレビの谷岡慎一アナウンサーが結婚するというニュースなどで、またしても「格差婚」という言葉が使われている。

桑子・谷岡アナよりも、卓球の福原愛選手と江宏傑選手が結婚した時は酷かった。

どうして女性のほうが人気・収入・学歴などで男性より上だと、「格差婚」と、何か問題でもあるかのような言われかたをするのか。

逆に言うと、どうして女性のほうが格下でなければならないのか。

体操の内村航平選手の妻は無名の体操選手だったそうだが、そのことで「格差婚」と言う記事は見たことがない。

「格差婚」という言葉を問題にする意見もあって良いと思うが、私は聞いたことがない。

やはり、日本ではいまだに、男性が主であり女性は従であるという考えがまかり通っているのだと思う。

「格差婚」なんて言葉が平気で使われている限り、その状態は改善されていないのだ。


私は格差婚という言葉は使わない。

格差婚と言うなら、男性人気歌手と女性無名歌手のカップルにでも使えるようになってからにしろ。

「格差婚」と考えもなく言う人にはそう言いたい。

快復❗

約3日間、ほとんど寝て回復に努めたので今日は朝からかなり元気に。

昨日の昼間は38.8℃あった熱も今日は36℃台。
朝シャワーしたらすっきりしてだるさもなくなった。
(「体力を消耗するから風邪の時の入浴はダメ」と信じてそうしたけれど、もっと早くシャワーするべきだったのか…)

あとは、明後日のコンサートの予定を考えると気になる咳。
あまり買ったことがない風邪薬なんか買ってみた。
f:id:tamagonon:20170511183132j:plain
「せき止め」とでっかく書いてあるのにだまされてやったから効いてよね!

写真

キレイな写真撮りたいな。

プロでなくても、高価なカメラじゃなくても、月や花や花火やお料理なんかのいい写真を撮る人がたくさんいる。

私も、綺麗な風景や美味しそうなお料理を撮ってはみるけれど、まず思ったような写真にはならない。

まずどこからどこまでをどの角度で入れればよいのか、ど素人のうえに美的センスのない私には全く分からない。

何でも正面から、撮りたいもの全部を入れてしまって、後でみたら面白くも何ともない写真になる。

かといってちょっと斜めに撮ると、たいてい余計なものが写っているだけ。

近くの小さなものは、すぐ近くに寄って大きく写せばよいのだと思っていたら違うらしい。

「接写レンズ」なるものがあり、それを使うのが正しいみたい。
しかも最近は、100均でけっこう優秀なレンズが出ていると聞いた。
これなら私にも使えそう。

うちの近くの100均には売ってなかったけれど、そのうち手に入れてこのブログにも載せられるような写真を撮る!!

なんて宣言しちゃって大丈夫かほんとに。