読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「沈黙」に関連して

「沈黙」を観た。(ネタバレ注意)

「他者の心を操ることは出来ない」というメッセージだったと思う。
3時間近い長い映画だったが、特に最後の30分は短く感じ、引き込まれた。

映画の本筋とは関係ないが、実はまだ原作を半分くらいしか読んでいない。

あのストーリーが原作ではどうだったのか、やはり気になるので、時間はかかっても最後まで読むつもり。
(長くもない小説を読むのに何故そんなに時間がかかるのかについては、このブログ「読めない」をお読みください)

青空文庫」なるサイトを知ったので、タダでスマホでも読めるかと思ったが、青空文庫に「沈黙」はなかった。残念。

二日連続とんでんの鰻重❗❗

f:id:tamagonon:20170328043130j:plain
よせばいいのに、また二日連続同じもの。

久しぶりにとんでんに行って、久しぶりに鰻重を食べたら、以前食べた時よりずっと美味しく感じたため、また行きたくなっちゃったのだ。

以前は専門店で食べた鰻の印象が強すぎたんだなあきっと。

とんでんの鰻重は1,980円。
これはこれでまあまあリーズナブルに楽しめる。

それにファミレスの良いところは、座席が座りやすいこと。
シート席ならバッグや上着も置きやすいし、ゆったり座れて落ち着く。

でもこれってちょっと貧乏性!?

二日連続お好み焼き❗❗

f:id:tamagonon:20170325175127j:plainf:id:tamagonon:20170325175237j:plain
お好み焼き大好き!

昨日食べに行ったらあんまり美味しかったので、
今日も我慢しきれず行ってしまった。

昨日も今日も全く同じお好み焼きとビールを注文。
最初の暗めの写真が昨日で、明るめの写真が今日のもの。
昨日はもう暗かったが、今日は明るいうちに窓際に座ったので、だいぶ色が違って見えるんである。

私は紅しょうがが大好きで、いつもこんな風に真ん中にのせるけれど、
このやり方には賛否あるかもね。

でもブログに載せるなら少しは違うものを注文するとか、違う作り方にすれば良かったとちょっと反省している。

お好み焼きと言えば広島風と大阪風があるけど、
私は断然大阪派である。
せっかく焼いたのに、口に入れて麺が出てくると、何だか違う感じがするんだなー。
これも好みは分かれるだろうけどね。

宅配便

ヤマト運輸が労組と合意したそうだ。

少しサービスが低下する内容だそうだが、現状ではやむを得ないと思う。

宅配便には非常にお世話になっている私、
ヤマト運輸にと言うより利用者に望むのは、
クロネコメンバーズになるべく登録して、事前に来るメールで宅急便の配達を在宅可能な日時に指定してもらうことかな。

私は出来るだけそうしている。

ヤマト運輸に望むとすれば、
空いている時間があるならそれがわかるようなシステムにしてくれれば、こちらもなるべくそれに沿うように出来ると思う。

佐川でも同じようなサービスに登録しているのだが、こちらは事前に配達のメールがほとんど来ないのはどうしてなんだろう?
私の登録のしかたが悪いのかな??

Vistaから10にアップグレード!?

今私が使っているパソコンのOSはWindows10。

でも実はその前に使っていたVistaのパソコンをまだ持っている。

そのパソコンはVistaのサポート終了前に廃棄するつもりだった。

でも先日ネットで、Vistaから8へ、8から8.1へ、8.1から10へとアップグレードすることに成功したなんて記事を読んだものだから、
廃棄なんてもったいない、私にもアップグレード出来るんじゃないかなんて考えてしまい、
10へのアップグレードが可能なパソコンのスペックだの色々と調べたりした。

結果。
やっぱり私のPC知識ではムリ。
そもそも10にアップグレードする価値のあるパソコンではないという結論に落ち着いた。

そうだよね。
無謀な計画は断念しましょ。

牡蛎食べ比べセット/殻付き牡蛎の白ワイン蒸し

f:id:tamagonon:20170309185422j:plain
f:id:tamagonon:20170309201735j:plain
f:id:tamagonon:20170309201119j:plain
f:id:tamagonon:20170309201818j:plain
月島のIKI Oyster Bar で牡蛎を堪能。

食べ比べセットはAとBの二種類とも注文。
写真右からAの才川(山口)、相生(兵庫)、小長井(長崎)、Bの鳴門海峡(徳島)、陸前高田(岩手)、五島列島(長崎)。

まず牡蛎の産地がこんなにたくさんあるんだということに驚く。広島や宮城や厚岸だけじゃないんだ!

私は兵庫の相生、長崎の五島列島の二つが塩味が効いた感じで好きだけど、生臭いと感じる人もいるかもしれないと思った。
でもどれもこれも全部美味しかった。

殻付き牡蛎の白ワイン蒸しは、500グラムのをホットペッパーグルメのクーポンで200グラム増量してもらったもの。
ワインの風味は感じなかったが、これはこれで大変美味。
やっぱり寒い時期は牡蛎だよなあ。

このお店は、築地の「地下の粋」や「魚や粋」の二店とは姉妹店。
でもほぼ同じメニューなのかと思ったら、三店共通なのはスープカレーのみだそう。
地下の粋は行ったことがあるので、今度は魚や粋に行って夏に岩牡蛎を食べられたらいいなあ。